Cloudmark is now part of Proofpoint. Learn More

About Proofpoint

Telusケーススタディ

  1. 概要
  2. プロフィール
  3. ビジネスチャレンジ
  4. Cloudmarkソリューション
  5. 結果
  6. 結論

概要

顧客

Telus

産業

電話会社・インターネットサービスプロバイダ

ビジネスチャレンジ

  • 現在のメール脅威対策システムは非常に高い処理負荷がかかり、新しいソフトウェアアップデートの実装で必要な資源の予測をすることが不可能でした。
  • 現在の脅威対策システムの準最適フィルタリング精度は、過度のスパムを処理できずに顧客の苦情をもたらしました。

Cloudmark ソリューション

Cloudmark Authority

利点

  • メッセージフィルタリングに必要なソリューションを90%削減。
  • 加入者の受信トレイのスパム、フィッシング、およびウィルスが20%減少。
  • ソリューション計画を使用した予測可能性の向上
  • メール脅威対策システム管理の簡略化
  • 競争上の優位性と顧客満足度の向上

プロフィール

カナダの第2位の通信会社として、Telus社はデータ、インターネットプロトコル(IP)、音声、エンターテイメント、ビデオを含む広範囲の通信製品とサービスを提供しています。グローバル通信会社にとって非常に厳しい事業環境にもかかわらず、Telus社は世界でトップを争う電気通信会社の一つとして台頭しており、現在110万人の加入者へインターネットアクセスを提供しています。 同社の主要な戦略的イニシアチブの一つは、競争力のある差別化を可能にする統合ソリューションを提供することです。インターネットサービスにバンドルされているメールサービスを、製品の他のラインと同様の品質レベルを提供することが重要でした。

ビジネスチャレンジ

Telus社のメールサービスの質は、進化し増え続けるメッセージングの脅威によって脅かされていました。また、Telus社は、既存のソリューションが予測できない速度で資源を消費していたことに憂慮していました。今年初め、Telus社は急速に既存の脅威対策製品の処理要求に歩調を合わせるため、サーバーを追加する必要がありました。メールトラフィックの成長は予測レベルでしたが、アンチスパムのハードウェア要件は、制御不能なまでに成長していたのです。8ヶ月間の間に、アンチスパムアプリケーション・サーバーの使用は2倍に膨れあがっていました。

この追加のリソースは、ソフトウェアのアップデートや、現在の製品がメッセージをスキャンするために使用されていました。現在の製品利用のルールセットはすべてのメッセージ上で実行されなければならない必要があり(スパムかそうでないかに関わらず)、メッセージングの新たな脅威に対抗するために設計されたより複雑なルールは、CPUにさらなる高負担をかけていました。容量を倍増した後も、サーバーは70%のCPU使用率で実行されていました。この増加傾向では、Telus社は同年2度目のサーバー数の倍増をする必要がありました。

高いリソース使用率にも関わらず、既存のTelus社の脅威対策製品のIPフィルタリングでは平均50%のみの捕獲率しかありませんでした。この不要なトラフィック量は、メッセージングインフラストラクチャにストレスを与え、加入者のエクスペリエンスにマイナスの影響を与えました。Telus社は、インフラ計画においてより予測可能であり、改善されたフィルタリング精度を提供する代替ソリューションを探し始めました。

Cloudmarkソリューション

Telus社は次の基準に基づいてCloudmarkを含む4つの大手メッセージングセキュリティベンダーを評価しました。

  1. フィルタリングの精度:IPフィルタリングにおけるスパム、フィッシングとウィルスの誤認率
  2. 資源効率:処理サーバのCPU使用率
  3. キャリアグレードのスケーラビリティと信頼性:予測可能な成長と堅牢性
  4. サービスプロバイダエクスペリエンス:トップティアサービスプロバイダ間でのベンダーの現在のフットプリント

Cloudmarkは他社のソリューションと比較してすべての面で優っていました。

  • Cloudmarkはフィルタリング精度を20%以上向上させ、フィルタリング精度の割合は98%を超え、誤認件数はゼロでした。
  • Cloudmarkは、使用していた製品のシステムハードウェアの10分の1未満しか必要としませんでした。
  • Cloudmarkの各サーバーは毎時300万人以上のメッセージの送受信を処理することができました。他社製品の10倍の速さです。

2006年11月に導入されたCloudmark Authorityは、スパムやウィルス、その他のマルウェアを含む、メッセージの送受信に伴うあらゆる脅威に対し、エンドツーエンドの保護を提供しています。ルールの制定が絶えず必要な競合ソリューションと異なり、Cloudmarkは、脅威をリアルタイムでネットワーク化した世界最大規模のシステム、インテリジェントメッセージフィンガープリンティング、さらにはバックエンドの自動検証システムを独自に組み合わせて使用し、新たな脅威をすばやく検知して阻止します。

結果

Cloudmarkのソリューションを導入して以来、Telusには劇的な結果が訪れいます。

展開のしやすさ

インストール、セットアップ、品質保証(QA)、製品発表から一週間でTelusはCloudmarkが使用できるようになりました。 Cloudmark Authorityはすべての主要なMTAsにスムーズにプラグインができるよう設計されていたので、プロビジョニングの変更やネットワーク再設計を行う必要はありませんでした。

大幅に改善された資源効率

Telusは、必要なサーバー数を50%以上削減することに成功しました。さらに、各サーバーの稼働率が平均で約5%であり、これに対して、ほんの数か月前までは、2倍の数のサーバーの稼働率が70%を超えていました。

より高い顧客満足度

Cloudmarkはフィルタリング精度を20%以上改善しました。これにより高い顧客満足度が得られ、苦情も減少しました。 Cloudmark配置の後、Telusはさらにスパム関連のサポートコールの大幅な減少に気づきました。

結論

Cloudmarkのフィルタリング精度とCPU使用率の改善により、Telusはインフラ、管理、サポートにおいて数百万ドルを削減できると予測されています。 サービスの提供を強化するために再配備できる既存のサーバ、帯域幅、ストレージ、およびサービスの提供を強化するために、再配備することができる他のリソースを解放することで、CloudmarkはTelus社にさらなる投資なしに、より競争力をつけることができました。SpamAssassinでCloudmarkはさらに管理コストを削減しました。

Telus (86KB)
トップに戻る

Telus (86KB)
Cloudmarkは、手に負えなかった弊社のハードウェアの問題を解決しました。効率的なインテリジェントフィンガープリントアルゴリズムにより、確実にリソース要件を予測することができます。 当社の事業にマイナスの影響を及すトラフィックの増加や新しいソフトウェアのアップデートなどを心配する必要がなくなりました。
— Ray Lawson
Telus
サイトマップ  •  プライバシーポリシー  •  ©2002–2019 Cloudmark, Inc.