Cloudmark is now part of Proofpoint. Learn More

About Proofpoint

Synacorケーススタディ

  1. 概要
  2. プロフィール
  3. ビジネスチャレンジ
  4. Cloudmarkソリューション
  5. 結果

概要

顧客

Synacor は複数のISPを米国でサポートしており、1日約2,400万のメールを送信しています。

産業

インターネットサービスプロバイダ

ビジネスチャレンジ

以前のオープンソースの実装では増え続けるスパム、ウイルスの量、フィッシング攻撃、あるいはますます増えるエンドユーザ数に対応ができていませんでした。

Cloudmark ソリューション

利点

  • 全ての受信メールの70%をインテリジェントにブロックするスパム防御増加。
  • 誤認件数を1日に数件から1ヶ月におよそ1件までに減少。
  • 7倍のユーザーサポートをしながらSMTPサーバーの数を60%削減。
  • 必要なスペース、電力、冷却の低減。
  • メッセージングプラットフォーム全体の能力向上。
  • 資本費の40万ドルと年間運用コストで185,000ドル削減

プロフィール

2001年に創業されたSynacorはニューヨーク、バッファローに本社を置くグローバルテクノロジー会社です。Synacorの提供するインターネット分野はホスト型メールソリューション、ターンキーインターネットポータル、広告ネットワークその他に及びます。電話会社、ケーブル事業者、ISPは、メディア企業、広告主等はSynacorのソリューションを活用し、顧客とのより密接な関係を構築しています。

ビジネスチャレンジ

2007年、Synacorは大規模なISPの顧客のためにメールプロジェクトに従事していましたが、Synacorのアーキテクトがその会社のオープンソースメール保護はお客様のニーズにもはや応えられないという結論にを下しました。そのオープンソースソリューションは、同社の受信SMTPサーバーに多大な負担をかけていました。

既存のツールでは、Synacorの増え続ける顧客のメッセージング保護要件を対応できませんでした。さらに悪いことに、同社のシステムにはメールが溢れかえっていました。

同社は、既存のLinuxサーバーと統合するISP向けの正確なスケーラブル、かつ高性能メッセージング保護ソリューションを実装するためのイニシアチブを立ち上げました。Synacorは顧客の受信箱が受け取るスパムの量を劇的に削減し、ウイルスを停止し、フィッシング攻撃を緩和する完全なソリューションを求めていました。

Cloudmarkソリューション

Synacorは理想的な解決策を見つけるため複数のベンダーを査定しましたが、競合製品のほとんどがCloudmarkの性能をはるかにの下回っていたことを発見しました。

「我々の決定プロセスにで重要だったことの一つは、当社の運用管理費を下げることでした」とSynacorのテクニカルオペレーションディレクターであるPhil Siebelは語っています。「Cloudmarkの競合他社の多くはSMTPサーバーに加え、分離したネットワークエッジデバイスに依存しています。私たちの予想成長および以前の設定では、それを使ってユーザーの負荷を処理するにはエッジアプライアンスで400%の増加を必要としたでしょう。しかしCloudmarkで必要だったのはその数の10分の1以下でした。 実際には、Cloudmarkの実装で資本費用の40万ドルさらには運用コストの185,000ドルを削減出来ました。投資価値は十分だったと言えるでしょう。」

別の決定要因は全体の効率でした。「フィッシング攻撃は通常いくつかの不正メッセージが届いてから発見されていました」 と Siebel氏は言います。「Cloudmarkはこれらのフィッシング攻撃がネットワークに届く前にかなりの数を軽減する解決策を持っていました。」

Cloudmarkソリューションの内容

ソリューションの実装は、Cloudmarkの知識豊富なプロフェッショナルサービスチームが行い、信じられないほど速く終わりました。このサービスチームは全てのCloudmarkのSecurity Platform and Authority顧客と密接に連携しています。Synacorが契約を締結した後、Cloudmarkのプロフェッショナルサービスの担当者は1週間未満でニューヨーク州バッファローのSynacorのデータセンターに到着しました。わずか2日でCloudmark Security Platform 提供規約を作成、校正し、ソリューションが稼働し始めました。

Siebel氏によれば、「追加設定なしでCloudmarkのソリューションは私達のニーズに合致しました。私達がしたことはちょっとしたプラットフォームの調整だけで、ほとんど時間や労力もなしにソリューションを稼働させることができました。」

結果

Cloudmarkのソリューションを導入して以来、Synacorには劇的な結果が訪れました。

スパム対策の向上

Synacorは現在全ての受信メールの70%をスパムとしており、ユーザーの受信箱をよりすっきりと保ってにいます。これとは対象に、以前のプラットフォームでは45%しかブロックしていませんでした。特許技術、セキュリティに関する専門知識とクラウドベースのインテリジェンスを活用し、Cloudmarkだけがリアルタイムの応答と比類なき精度を提供しています。

誤認件数の減少

メールのスパム誤認に関するクレームは1日に数件から1ヶ月に約1件へと劇的に減少しました。 特許取得済みのフィンガープリントアルゴリズムと送信者インテリジェンステクノロジーの連携で、Cloudmarkのソリューションは、エンドユーザーからのフィードバックを受信することにより、精度をさらに向上させ、ゼロに近い誤認件数を保証します。

サーバー数の低減

2007年、オープンソースのソリューションは同社の受信SMTPサーバーに多大な負担をかけていました。Cloudmarkを導入以来、SynacorはSMTPの数を60%減らしています。そしてエンドユーザーが100万に増え、メッセージ受信件数が最大1日約2,400万になった今もこれらのサーバーで問題なく処理ができています。

必要なスペース、電力、冷却の削減。

SynacorはIT管理ハードウェア、電力、冷却、ラックスペースの点でコスト削減を実現しました。

メッセージングプラットフォーム全体の性能獲得。

メッセージ送信を約30%削減したおかげで、Synacorのバックエンドメールサーバーの負担は劇的に減りました。

人的資源の効率。

Synacorはまた、以前のオープンソース実装が手動設定されたルールを微調整するのに膨大な時間を要したため、時間管理の点からも大きく節約できたことに気が付きました。管理スタッフがメールの待ち行列に対応する時間は一日に数時間から一週間に数時間へと大幅に減り、Cloudmarkのソリューションで事実上手動での介入をせずにより多くのユーザーサポートを可能にしました。

Synacor (49KB)
トップに戻る

Synacor (49KB)
私たちの成長予想および以前の設定では、それを使ってユーザーの負荷を処理するにはエッジアプライアンスで400%の増加を必要としたでしょう。しかしCloudmarkで必要だったのはその数の10分の1以下でした。 実際には、Cloudmarkの実装により資本費用だけで40万ドルさらには運用コストの185,000ドルを削減出来ました。投資価値は十分だったと言えるでしょう。
— Phil Siebel
Synacor
サイトマップ  •  プライバシーポリシー  •  ©2002–2019 Cloudmark, Inc.