Cloudmarkケーススタディ

  • synacor

    Synacor

    以前のオープンソースのシステムではエンドユーザー増加に伴って増え続けるスパム、ウイルスの量、フィッシング攻撃を処理しきることができませんでした。

    PDFのダウンロード (49KB)
  • locaweb

    Locaweb

    ブラジルやラテンアメリカにおけるインフラホスティングサービスの大手プロバイダは、加入者保護のためCloudmarkを採用しています。

    PDFをダウンロードするには登録してください (151KB)
  • telus

    Telus

    利用していたシステムは極端に処理に集中することがあるためリソースの必要量が予測しにくかったのです。フィルタリングの精度が最適ではなく、顧客へのサポートコストが増大する原因になっていました。

    PDFのダウンロード (86KB)
  • rackspace

    Rackspace

    ビジネスの成長とスパム増加のため正確でスケーラブルなメッセージ不正対策を行う必要がありました。

    PDFのダウンロード (57KB)
  • b2b2c

    B2B2C

    フィルタリングの正確性は79%程度で、スタッフは週に16時間もの時間をSpamAssassin用ルールの書き込みと維持に費やしていました。メッセージングのフィルタリング用サーバは常にフル稼働で、頻繁に新たなサーバの追加が必要な状態でした。

    PDFのダウンロード (45KB)
  • mediatemple

    Media Temple

    カスタマイズされた SpamAssassin の採用により、スパムに対応するための頻繁な手動アップデートが必要とされ、システムの維持のためにより多くの労働力が必要でした。

    PDFのダウンロード (78KB)
  • surewest

    SureWest

    送信されるスパムの増加はリソース(CPU、ディスク、管理作業)の消費量を増大させ、企業全体が他のISPによってブラックリストに追加される危険も生じていました。

    PDFのダウンロード (82KB)
  • usanet

    USA.NET

    ビジネスの成長とスパム増加のため正確でスケーラブルなメッセージ不正対策を行う必要がありました。

    PDFのダウンロード (86KB)
  • city_of_richmond

    City of Richmond

    Eメールの量は増加し続け、望ましくないEメールも次々に届きます。さらに、リストやルールの維持のため膨大な時間が消費されていました。

    PDFのダウンロード (86KB)
  • domain_factory

    Domain Factory

    スパムの量は短期間で全メッセージの60%から、95%超にまでに増加しました。メッセージフィルタリングの正確性は80%を下回り、必要なリソースだけが急速に増えていきました。

    PDFのダウンロード (45KB)
  • sunflower_broadband

    Sunflower Broadband

    メッセージング不正防止システムには処理が集中しトラフィック急増管理スタッフには運用継続が困難でした。

    PDFのダウンロード (49KB)
サイトマップ  •  プライバシーポリシー  •  ©2002–2017 Cloudmark, Inc.